当前位置: 首页 > 音箱系列 > TAD EXCLUSIVE 2401旗舰音箱

TAD EXCLUSIVE 2401旗舰音箱

TAD EXCLUSIVE 2401旗舰音箱

  • 价格请来电商议
  • 商品点击数:1124

简单描述:成色很好


联系人:黄小姐 13332845738 罗先生 15322066557 QQ:2513060759


经销地址:广州市中山五路中旅大厦五楼B05、B33、B38铺

状态佳成色新全原装无摸修,箱体用超厚层板做工一流非常结实,声音宏厚大气温暖,包围感好,细致清晰透明干净利落,密度高质感强、宽松自然、动态凌厉、音场开阔场面庞大震撼,节奏乐感好,音色富光泽磁性,精准失真率低音乐还原度高, 

TAD(Technical Audio Devices)是于1975年成立的一家美国公司,最初是由几名JBL工程师成立的,后来因为经营不善濒临倒闭,是先锋注资才挽救了TAD。与收购不一样的是,先锋仍然由TAD原班人马来运作这个品牌,就算生产地改在日本,血统都是美国的TAD。在当初模拟音频时代即将终结之时,JBL已经开始大幅走下坡路,监听帝王的风光不在,销量直线下降。在这种情况下,JBL却没有表现出任何进取的迹象。在极度失望之下,几名JBL工程师为了自己的理想——也就是当年JBL创始人的理想,创立了TAD。TAD致力于为录音棚开发超低失真,并且能够满足任何苛刻要求的监听级扬声器/音响。1979年TAD喇叭单元首先向国际市场推出,1981年日本本土正式开售。1983年Pioneer以旗舰品牌Exclusive推出Model 2401Twin喇叭,使用了两只TAD TL1601a(40cm)低音单元与一只TD4001/TH4001大型木质号角高音,这是为录音室需求而接单生产的,最大音压可达126dB,各音域都具有逼人的气势与刻画入微的音质表现,而且在很宽阔的聆听范围内都有定位鲜明的音像,TAD单元因此一炮而红。 

由于TAD单元采用手工制作,所以产量极少,价格也是相当的昂贵。TAD的一位工程师木下正三自立门户,以Ray Audio为品牌推出Kinoshita系列专业监听扬声器,大概是世界上最贵的产品之一了。美国Westlake(西湖)、意大利Zingali(号令)等著名厂商也使用TAD单元,TAD在专业领域拥有崇高的地位。 

TAD的不但喇叭贵,而且稀有的东西多,很多都是可遇不可求的物品,比如开头那对儿TSM-1音箱,就是TAD的经典之作。目前已经停产,很多人想要却不可得。这套喇叭的经典在于不但采用了TAD顶级的扬声器,并且箱体也是 TAD特制的,并且在高音加了一个号角。由于TAD和JBL的渊源,因此这号角设计也是深得JBL的真传。这些因素加起来,却不敌一个更重要的因素——这东西停产了!也就是说有钱你也买不到!正因为稀有,所以才是可遇不可求的High-end极品,或许这也是High-End精的一种吧,当然公认的Hih-End精神就是无以伦比的贵了。 model2401twinの画像
  • EXCLUSIVE model2401twin

  •  
  • 1983年発売
    ¥1,200,000(1台、1993年頃)
    ¥1,300,000(1台、1999年頃)

 解説 

TAD(Technical Audio Devices)のユニットを採用して開発された大型コントロールルーム用のプロフェッショナルスタジオモニター・スピーカーシステム。

低域には40cmコーン型ウーファーのTL-1601aを2個搭載しています。
アルニコマグネット使用の磁気回路と、軽量振動系の組み合わせ、そして振動支持系の初動感度を徹底的に高めたことにより、高能率を実現しています。
さらに、プロ用として要求される耐久性を向上するため、DRS(ダイナミックレスポンスサスペンション)思想を貫いた、動きのスムースな振動支持系と特殊なエージングコーンのカップリングで対応しています。
また、高耐熱のボイスコイルや効率の良い放熱設計と相まって、大入力長時間の使用にも、優れた耐久性を得ています。

高域にはドライバーユニットTD-4001とホーンTD-4001を搭載しています。
TD-4001は磁束密度20,000Gaussのアルニコ磁気回路と、直径10cmの大型ベリリウムダイアフラムの採用により、600Hz~20kHzの広帯域再生を実現しています。
またTH-4001は、TD-4001の能力を発揮するために開発されたスタビライズド・ディスパージョン・ホーンで、従来の大型ホーンでは困難とされていた、10kHz以上での指向性改善に成功しています。さらに、実際の音場研究から得た指向性の効果的パターンを実現することにより、広いリスニングエリアを確保しています。素材にはイタヤカエデを用いています。

ネットワークにはTADのディバイディングネットワークであるTN-1を採用しています。このTN-1は、ツインドライブ用に設計されているため、4Ω仕様となっています。
配線コードやチョークコイル巻線にOFC(無酸素銅)を採用し、OFCスリーブを使用したプレスジョイン式の結線、金メッキ大型ターミナルや高品質コンデンサーの採用など、徹底した低損失化、低リーク化を実現しています。
また、アースラインに起因するインターリーケージを除くためLF回路をバランスサーキット化し、さらにクロスオーバーでの音の濁りを一掃するためHF回路とLF回路を分離させるなど、各ユニットの性能を発揮させる、カスタム設計となっています。

エンクロージャーにはアピトン合板を採用することで高剛性化を図っています。これに効果的なフレーム構造の補強を加え、十分な強度を確保しています。

  • 特性図
  • ネット装着時
  •  
  • 詳細外形寸法
  • TL-1601a
  •  
  • TD-4001
  •  
  • TN-1
  • TH-4001
機種の定格
方式 2ウェイ・3スピーカー・バスレフ方式・フロア型
使用ユニット等 低域用:40cmコーン型(TL-1601a)x2
高域用:ホーン型(TD-4001+TH-4001)
ネットワーク:TN-1
再生周波数帯域 29Hz~20kHz
定格入力 300W
最大入力 600W
インピーダンス 4Ω(内蔵ネットワーク時)
出力音圧レベル 98dB
最大出力音圧レベル 126dB/m
クロスオーバー周波数 650Hz
外形寸法 幅1100x高さ900x奥行712mm
エンクロージャー奥行:575mm
重量 145kg

看了又看